前へ
次へ

健康食、特に特保の認定を受ければ売れます

体のケアを気にし、健康に対してお金を使う人が非常に多くなっています。
これらの人達が特に気にしている事が脂肪の吸収と血圧の高化です。
血圧を下げる健康食や脂肪の吸収を抑える漢方などは昔から多く流通しています。
これらの保健的な機能に対して消費者庁がきちんと管理をしています。
そして、公に歌っている保健機能に対してきちんと効力が認められているかどうかも消費者庁が管理を行っています。
その管理下できちんと保健機能を果たす成分が含有されている食品に対して消費者庁は特保の認可を行っています。
特保の認可が得られれば特保マークを製品のパッケージなどに使用する事が出来ます。
様々な健康食品がありますが、日本国内では消費者庁が認可した健康食として特保商品は非常に高い人気を得ています。
特保商品の例として、血圧を下げる効果のある飲料水や脂肪の燃焼効果を高めるサプリメントなどが商品化されています。
これらの商品は老人世代を中心に実際にかなりの高い売り上げを誇っています。
健康食品を開発し売る上で特保の認可を得る事が出来ればヒットする事が間違いない状況と現在はなっています。

Page Top